丹下道先生 恋するインテリジェンス 笑えるBL

丹下道

 

数年間K-POPにハマってBL界から遠ざかっていた私。

眠っていたボーイズラブへの熱を呼び覚ました作品がこちらです。

 

某コンサート会場の近くのレストランでハンバーグを待つ間、友人が見せてくれた電子書籍、数ページ読み進めたところで友人に言いました。

 

「…こっ、これはヤバイね」

 

ハンバーグが来るまで読み進めたところでもっと読みたい気持ちを我慢しつつ友人にスマホを返し、コンサートが終了後、家に帰って即電子書籍を購入。

 

それからはもうあれよあれよという間に紙の単行本までコンプリートし、全サペーパー欲しさに雑誌まで購入。

 

その作品が

 

丹下道先生 の 恋するインテリジェンス

 

外務省が舞台ですが、外務省からクレーム来ないかな?って位リアリティが無くて全力で振り切ってます。

色仕掛け任務とか、トップ&ボトムキャストとか、この設定を考える丹下先生って控えめに言ってど変態だな。(全力で褒めてる)

 

とにかく美しい分析官や官僚達が恋するインテリジェンスという名の通り、全力で恋をする漫画です。

 

たまに不安定なところはあるものの美麗な作画ギャグセンスも抜群。

 

笑っちゃう位臭いセリフを長々と推しに伝える攻めに超敏感で初心なツンデレ受け達。

 

腐女子の夢が詰まった作品です。

 

文字も詰まっているので電子書籍よりも紙がオススメ。

 

表紙は案外他のBL漫画のようにTHE BLではないので親御さんと同居されている方等も買いそろえやすくなっております。

 

全巻読み切りなのでどの巻から買っても楽しめるという触れ込みですが、そこはやっぱり1巻から入門をオススメします!

 

<収録作品>

恋するインテリジェンス

実は両想いの針生と眞御ちゃん。

10年間もこじらせてエッチなし、というところから始まります。

初めての実習でメロメロになっちゃう眞御ちゃんがめちゃくちゃ可愛い!

その後のツンツンっぷりも最高です。

私は受けに振り回される攻めが大好物でして、おいしくいただきました。

数式は鷹に恋をする

財務省カップルですね。官僚皆ゲイで容姿端麗って、本当に腐女子の夢が…ry

超お坊ちゃまの土門とおっさんにモテモテの円ちゃん。

セクハラされてるとこ助けてくれたり、マフラー貸してくれたりめっちゃ優しい~

結構好きなカップルです。

そんなあなたが好きだから

これね…これ…うーん、ヘタレ攻めは嫌いじゃないんですが、私はあんまり好きじゃなかったです。

シークレットラブレター

10年の冷戦期間(?)中の針生と眞御ちゃんの眞御ちゃんサイドのショートストーリー。以下さん作品は描きおろしのショートです。

針生の事大好きやーん。

眞御ちゃんのわかりづらいモーションに気づかない針生、キツく当たられても寛容に受け流すのがたまりませんな~

宣戦布告の午後

円パパ登場!私志山親子大好きです!

First honey night

やっと誤解が解けた針生と眞御ちゃんのお泊りエッチ。

ただただラブラブ。最高。

効果音すごいっす 笑

 

コメント